情報サイトMIRAI

御朱印巡りの開運効果

御朱印とは

御朱印巡り
簡単に説明すると神社やお寺に参拝した印です。元々昔は写真を奉納した印としてお寺から貰う証明書でした。

お寺と写真を奉納した人の名前をしたためて、奉納した日の日付を記載した半紙に朱肉で押印することから、御朱印と呼ばれています。

現在では写真を奉納しなくても参拝した証明として貰うことが出来ます。無料ではなく場所によって値段は変わりますが数百円程度で貰えます。お寺によっては貰うことが出来ない所や時間帯で販売している所があるので注意して下さい。

御朱印のために全国の神社やお寺を巡る人も最近では増えてきています。集める魅力の理由で多いのは寺社名や本尊名が機械ではなく手書きで書かれていることです。

スポンサードリンク



宮司や住職が手書きで書くので味があり、ご利益を感じることが出来ます。神社名は事前に書かれていても参拝した日付はその日に書いて頂けます。そのことから自分のためだけに作られた特別感が味わうことが出来るのも人気の1つになります。

御朱印をもらう際のマナー

もらう祭のマナーとして1つ目は事前にお釣りが出ないようにお金を用意しましょう。

必ずお釣りが出てはいけないということではありませんが、小さな神社だと小銭が出せない場合があります。どうしてもぴったりない場合は1000円札にします。10000円出すのは迷惑にしかならないので避けて下さい。

事前の準備としてもう1つ御朱印帳の用意が必要です。たまに普通のノートで貰おうという考え方の人が居ますが、失礼な行動に捉えられます。神社によっては普通のノートだと断られることもあるので辞めておきましょう。

通販でも売られていますし、神社によってはオリジナルのものを販売している所もあります。事前の準備が終わったら神社に行って参拝します。御朱印目当てで行っても必ず参拝は行うようにして下さい。

中にはスタンプラリー感覚で貰うだけ貰って参拝はしない人が居ますが、これはれっきとしたマナー違反です。しっかり参拝してから貰うようにしなければいけません。

スポンサードリンク



東京で人気の御朱印は?

東京には数多くのお寺や神社がありますが、人気の御朱印1つ目は法輪寺です。太子堂八幡神社です。女性に特に人気で季節ごとの印に加えて鳥の絵がちょこっと描かれているのが可愛らしいです。

四季の絵判子がカラフルに描かれているのも人気の1つです。神の使いとして知られている白鳩が、本物の白鳩っぽさがなくてゆるキャラのように可愛らしく描かれているのも魅力です。2つ目の人気の場所は上神明天祖神社です。

上神明天祖神社は白蛇伝説がある聖地なため蛇の絵が御朱印に描かれています。蛇事体の絵柄はポップで可愛いためリアルさがないのが良いです。例祭では限定バージョンの印があるため見逃せません。

3つ目は烏森神社です。烏森神社はカラフルでキュートな書体で描かれているだけでなく、文字や全体的のレイアウトのバランスが均一に取れている所が魅力です。大祭限定やひな祭り限定バージョンもあるので何度も印のために足を運びたくなってしまいます。

京都で人気の御朱印は?

京都といったら歴史深い県で様々なお寺や神社もありますが、その中で人気の御朱印1つ目は龍安寺です。

龍安寺は1種類の印のみとなっています。中央に住職さんが墨で書いた達筆の字で石庭と書かれていて3つの朱印が押印してあります。現代風ではありませんがこの渋さが格好良くて特に男性からの支持を得ています。

2つ目は證安院です。女性に特に人気で可愛らしいデザインになっています。種類も1つだけでなくて、女性の後ろ姿のものと紅葉やサクラの物やお地蔵さんのデザインがあります。それだけでなく季節ごとや期間限定の印もあって集めるのが楽しいです。

3つ目は佛光寺です。佛光寺では2016年から絵が入った御朱印を貰えるようになりました。その絵がまた非常に可愛らしいため人気となり、参拝者が増えたのです。

人気の凄さから平日限定にして整理券を配って人数制限をかけて売る程です。現在は業務の都合で可愛いデザインで描かれた絵入りの印は片面書のみです。

スポンサードリンク