情報サイトMIRAI

配偶者控除わかりやすい解説

配偶者控除とは

配偶者控除
2018年から配偶者控除が改正されています。配偶者控除とは、納税者に所得がない場合や配偶者の所得が一定額以下の場合に納税者の所得が控除される制度になります。

税金の控除制度のひとつで同じ先進国でもアメリカやイギリス、フランスなどにはない制度です。日本は夫婦共働きの家庭が多いので、新しい制度が働き方に様々な影響を与えています。

夫が会社員で妻がパートというスタイルだと、壁が4つあります。税金についてよく知らないと、損をしてしまうこともあります。

中には、新しい制度が実施されたことを知らない人もいます。税金の知識を知らずに損をしてしまうことを防ぐためにも、正しい知識を頭に入れておくことが重要です。



自分だけで正確な情報を集められない場合は、最寄の税務署に相談することができます。近くに国家資格を持つ税理士がいれば、税理士に相談する手もあります。税理士は税金のプロなので、質問者の税の相談に真摯に対応してくれます。

配偶者控除の対象となる年収

2018年の改正で変わった部分は、夫の1年間の収入が1120万円を超えると収入に応じて控除額が減ることです。

2017年は妻の収入が1年で103万円以下なら38万円の配偶者控除を受けることができていたのに、2018年からは夫の給料次第で控除額が減額される可能性があります。

夫の給料が上がっただけで、以前と同じように扶養内で働いていても妻が支払う税金額が増えることになります。改定により満額の控除を受けることができる範囲は、年間所得85万円までに広がります。

103万円の壁と130万円の壁は、なくならずにそのままの状態です。1年間の収入が103万円超えだと、妻は所得税を支払うことになります。

1年間の収入が130万円超えだと、夫の扶養から外れて保険料などを負担する必要があります。夫が勤めている会社から配偶者手当が支給されている場合は、会社のルールをチェックしておきます。

一般的には配偶者の年収が103万円以下の場合に支給されるケースが多いです。

スポンサードリンク



扶養控除の対象は?離れて暮らしていても仕送りすればOK?

家族を扶養している場合は、扶養している人数に応じて課税所得から控除してもらえます。この制度を扶養控除と呼んでいます。

控除額は親や子どもなど扶養している人の年齢などに応じて決まります。扶養する人の基準には大きく分けて4つの基準があります。

納税者と生計をひとつにすることも基準のひとつです。納税者と生計をひとつにしている人とは、納税者のお金を一緒に使っている人々を指します。

同じ家族であっても独立して生活をしている場合は、生計をひとつにするという条件にあてはまらないことになります。

一緒に暮らしていないと対象外かというとそうではなく、別居して離れて暮らしていても生活費を仕送りしている場合は生計をひとつにすると認められています。

日本では親が田舎に住み子どもが都会に住んでいるケースが多いです。このような場合、田舎の親に生活費を送っている人もいます。

田舎の親と一緒に生活を営んでいなくても、生活費を仕送りしている場合は扶養に入れることができます。

主婦が効率よく稼げる保険セールスレディの仕事内容

主婦の中には、効率よく稼ぐことができる職を探している人も多いです。最近人気を集めているのが保険セールスレディです。

専業主婦で子どもの手が離れた人の中にはセールスで稼ぐ人が増えています。セールスレディは営業職なので、自分で仕事の時間を決めることができます。

商売道具は保険商品だけなので特別な道具は必要なく、未経験者でも経験を積むことでトップセールスレディに輝くチャンスがあります。

保険セールスレディは保険会社の社員ではなく、個人事業主になります。最近は業務委託契約ではなく、営業職で雇用契約を結ぶ人も増えています。

保険セールスの仕事は、保険契約の獲得がメインです。保険への加入を考えている人に商品についての説明を行い、契約を取ります。

多くの保険会社で毎月のノルマが決まっています。ノルマをクリアできないと急流が減ることがあります。すでに保険を契約している顧客に対するフォローも重要で、コミュニケーション能力も必要です。

スポンサードリンク