情報サイトMIRAI

放射線治療の費用・副作用

放射線治療とは(種類・費用)

放射線治療
放射線治療は癌になった場合に、採用されることが多い治療法の一つです。放射線をがん細胞などに照射することで、悪化した細胞を殺す方法です。

そのようなものには、種類によって費用が異なっていますが、大抵の場合では50万円はかかることになります。

健康保険を使用することができると患者さん側での費用負担は15万円程です。

いろいろな方向から放射線を照射する定位治療では、ピンポイントで照射する治療なので、周りの細胞への影響を極力抑えることが可能です。この場合の治療費はおよそ70万円になり、保険適用で21万円前後です。

乳がんの場合には、乳房の一部を切除する手術が存在しますが、この場合には放射線を照射して再発防止をする必要があります。保険で25万から30万の負担にできます。また、強度変調を使用する場合には、専用のコンピューターを使用して治療をします。

こちらは癌細胞には強い放射線を、一歩で正常な細胞には減らすことが可能です。39回治療では約160万円必要になりますが、保険では48万円前後の負担で済みます。



放射線治療の副作用(デメリット)

放射線治療のデメリットは、正確に放射線を当てることはできないということです。悪化した細胞を殺すことができるという意味では強力な助っ人ということができるでしょう。

一方、悪化した細胞だけを毎回のようにピンポイントで殺すことができるわけではありません。正常な細胞にも放射線の影響を受けてしまう恐れもあります。

また、副作用も想定できます。副作用には、早期型のものと晩期型のものが存在します。早期の場合には、白血球が減少したり、皮膚や粘膜が炎症を起こすというものです。晩期では、肺の線維化による呼吸障害や皮膚の萎縮などが考えられます。

問題となる場合には、数パーセントですので、起こる可能性は低いということができます。

しかし、メリット以外にも、デメリットを頭に入れておく必要はあります。放射線治療は毎回受けに行かなければならないという点があります。病院に長期滞在するよりはましだと考える方には毎回通院の方が良い場合もあるでしょう。

スポンサードリンク



放射線治療の効果(メリット)

放射線治療のメリットは身体的に負担を最小限にすることができるということです。

手術の場合には、体にメスを入れることで必然的に傷が付いてしまいますが、放射線治療は傷が残らないので、手術に耐えることができない場合や抗がん剤治療を受けることができない方には特に最適な方法になります。

手術の場合には、入院をしなければなりませんが、その必要がなく通院で実現できます。最大の利点の一つに治療時間が短いということがあります。通院で可能なのは、正にその点が影響していることになります。

また、痛みを伴わないということも特徴で、年代や体力を問わずに気軽に受けることができるでしょう。放射線を使うことによる効果は、声帯が損傷している場合には最悪切除をすることになります。

その点では声が出なくなるなどの欠点があるでしょう。しかし放射線ならば、臓器本体や一部を切除せずに機能不全になることなく治療をすることが可能です。早期に使うことでさらに高い効果が期待できます。

放射線治療を拒否したらどうなる?

例えば、患者さんが癌を持っている場合に放射線治療を拒否したら、代わりの治療法を検討することになるでしょう。

その他の治療法には、抗がん剤の服用や手術による切除が考えられます。抗がん剤には放射線治療と同じく副作用が存在するので、できるだけ副作用が激しくないものがいいのであれば放射線を使う方がリスクは少ないと言えます。

医療では、患者さんが治療内容に納得しなければ治療を行うことができないようになっていますので、最終的には、患者さんの納得のいく治療で進めていくことになります。

もし、治療内容がよくわからないような際には、医者に詳しく説明を求めるなどをする必要があります。その他の治療法についてを検討することもできるので、迷ったら納得がいくまで検討をすることをお勧めします。

治療によってその後の生活にも影響が出てくるので、一つ一つ慎重に考えることが必要です。病院が合わない場合もあるので、その場合には躊躇せずに変更をしましょう。

スポンサードリンク