情報サイトMIRAI

印紙税額わかりやすい一覧表

印紙税とは

印紙税額一覧表
印紙税とは、国税が指定する書類(領収書・契約書など)に対して収入印紙を貼ることで支払う税金のことです。

対象となる書類は、経済活動に必要な書類がメインとなっています。金銭が絡む書面は、他の書面よりも一段階大きな責任が伴うということで、印紙税を課しているのでしょう。

言い換えると、印紙税の対象書類で、トラブルが発生した場合には、通常の書類よりも入念にチェックする必要があり、そのチェックのための法整備を整えるコストとして、印紙税が課税されているのです。

つまり、印紙税から得られるお金を法律の維持と整備に用いるので、納税者は、間違いがないように正確な金額を支払う必要があります。



また、しっかりと税金が納税された事を示すために印紙を貼り付けた場合には、その上から印鑑を用いる事が決められており企業などの法人であっても例外ではありません。
ただし、代表印でないと効力が無いといった制限は設けられてないので、兎にも角にも印鑑を押す事が重要です。

印紙税額一覧表かんたん解説

印紙税額一覧表は、国税のHPに記載されています。領収書・契約書・証書・通帳など、印紙を貼る必要がある書面ごとに、印紙税額が記されているので、実務で使いやすいのが特徴です。

ただ、印紙税額一覧表を確認する際に注意しなければならないことが1点あります。それは、各書面の金額・期間によって、印紙税額が大きく異なってくるという点でしょう。

特に変動幅が大きいのが不動産や鉱業権、無体財産権などについてであり、1万円以上から50億円以上のものまで幅広いので、契約書の内容を確認し記載事項と印紙税額一覧表を照らし合わせてしっかりと支払う必要があります。

請け負いに纏わる契約書については金額が1万円に届かない場合だと非課税になるというように、金額と内容により非課税の扱いになるものもあるので、金額と合わせて実情を把握しておきましょう。

また、比較的事務職などで取扱をする機会が多い為替手形や約束手形は10万円未満が非課税になっていますし、不動産や請け負いのように期間によって印紙税額が異なるケースがあるので、よく調べる必要があります。

スポンサードリンク



領収書・契約書に貼る印紙税について

企業活動の根源は提供している製品やサービスの提供ですが、同じく外部との契約の取り決めも企業を維持していくためには重要な業務であるので、日々交わされる契約書の数が膨大になり合わせて印紙税の納税も大きな金額になります。
契約書や領収書に課せられている印紙税は、文書を手掛けた者が定められている金額の印紙を購入した上で書面に貼り付けを行い、消印をすることで効力を発揮するようになるのですが記述されている内容により額が異なるので十分に注意しましょう。

印紙税額で間違いやすいのは、領収書のケースです。領収書は、5万円に届かない金額であれば、印紙税がかかりません。しかし、平成26年の3月31日までは3万円未満が非課税という扱いになっていたので、このことを把握されていない方が少なくないのです。ご不安な方は、税理士さんに相談してみることをおすすめいたします。

印紙税の支払い相談窓口について(国税・税理士)

印紙税は取り交わされる書面に記載されている内容や金額により金額に違いがあるので、一般的に全ての事例を把握している方はおりません。仕事柄契約書類を専門的に扱う方でも一覧を参照にしながら入念に対象になる額を調べて納税します。
尚且つ平成26年の4月1日に実施された法改正により新たな変更点が生じているのでより一層複雑化しているため、つい以前の状態で納税し不足してしまっている方も少なくありません。

不足していたり、収めるべき納税額が収められていない状態では、税務調査の際に問題視されることは間違いありません。また、納税による法整備と維持にも役立てられないので、不明点があれば速やかに税理士や国税の相談窓口に相談してみましょう。
国税に相談をするとなれば緊張感を強く感じてしまいやすいですが、電話をかけると自動音声で対応した後で全国津々浦々にある税務署に繋がるように整備されているので負担になる事はなく、速やかに正確な情報を頂く事ができます。

スポンサードリンク