情報サイトMIRAI

婚姻届の必要書類

婚姻届とは(受理証明書・証人)

婚姻届
婚姻届とは結婚を決めた時に提出する書類のことです。全国の役所や出張所などで入手することができるため、役所の受付窓口で確認して受け取りましょう。

記入見本が用意されている場合、その見本をしっかり確認することで入力の不備を防ぐことができます。また、2、3枚予備をもらっておくと間違えた時も安心です。

この書類を提出するためには20歳以上の証人が2人必要となります。20歳以上の人なら誰でもなれるため、親や兄弟、友人などに頼むと良いでしょう。

この書類が受理されたらその時点で夫婦となります。しかし、新しい戸籍が作られ、戸籍謄本に反映されるまでにはある程度時間がかかってしまいます。



戸籍謄本が仕上がっていない場合、2人が結婚したという証明はまだできません。1日で反映されるところもありますが、ほとんどの役所では反映されるまで数日~数週間かかってしまいます。新しい戸籍ができる前に婚姻届が受理されたという証明が必要な場合、受理証明書が必要になります。

婚姻届の必要書類

婚姻届にはいくつかの必要書類があると知っておくべきです。まずは2人の結婚前の戸籍謄本が必要となります。戸籍謄本は全部事項証明と呼ばれることもありますが、その戸籍に入っている全員の事項を写したものを指しています。

ちなみに、提出する役所に本籍地がある場合は不要になります。2人が本籍地と異なる役所に提出する場合、それぞれ1通ずつ必要になるので用意しておきましょう。

戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本がありますが、婚姻届に必要となるのは戸籍謄本です。戸籍抄本ではないので間違えないようにしましょう。

また、提出する際には本人確認が行われることになります。窓口で運転免許証やパスポートなど顔写真の入っている証明書を提示する必要があります。

結婚する一方または双方が未成年者の場合、父母か養父母の同意が必要になるため、しっかり伝えておくべきです。外国籍の人の場合は必要な書類が異なるため、提出する役所の市区町村に聞いてみるのがおすすめです。

スポンサードリンク



婚姻届の書き方・注意すべきポイント

婚姻届を出す時には書き方を知っておくことが大切です。まずは提出する日付を記入することになります。書類はいつでも受け付けているため、日付や時間を考慮する必要はありません。

次に夫と妻の旧姓を直筆で書いていきますが、氏名の漢字は戸籍と同じ表記にしましょう。住民票に記載されている住所と世帯主を記入することになります。

婚姻届を提出しただけでは住民票の住所は変わらないため、結婚を機に同居を始める場合は住民票を移動させる手続きも必要です。

次に戸籍謄本を確認して現在の本籍地と筆頭者を書きます。そして、実の父母の氏名を記入することになります。基本的に母の姓は不要ですが、両親が離婚している場合は現在の氏名を書きます。

それから夫と妻のどちらの苗字にするのかをチェックし、選んだ氏が新しい戸籍の筆頭者となります。次に結婚式を挙げた日か同居を始めた日のうち早いほうの日付を記入します。記入漏れがあった時のため、自宅や勤務先など連絡がとれる電話番号も必要です。

格安で楽しみたい人のための新婚旅行の選び方

新婚旅行は夫婦で行く初めての旅行になるため、良い思い出にしたいものでしょう。そこで選び方のポイントを知っておくことが大切です。旅行の行き先を決める時にはまず、何を重視するのかを明確にしておくことがポイントです。

格安で楽しみたいという場合、費用だけでなく目的地や食事内容についてもしっかり考えておきましょう。結婚式を盛大に挙げる予定なら旅行にはあまりお金をかけられないかもしれません。

予算を優先する場合、遠いところに行くのではなく近場に行くなどの工夫が必要となります。また、仕事などが忙しい場合、アクセスに時間のかかるところは避けた方が良いでしょう。

食事内容も意外と重要なポイントです。特に海外に行く場合は好みなどもありますし、事前によく調べてから行くようにした方が無難です。結婚式の準備なども忙しいかもしれませんが、2人でじっくりと相談をして新婚旅行の行き先を決めるようにしましょう。

トラブルを回避するためには1人で決めようとするのではなく、意見を共有することも大切です。

スポンサードリンク