情報サイトMIRAI

固定電話のメリット・デメリット

固定電話を解約するメリット・デメリット

固定電話
解約するメリットは、毎月の電話料金を節約できることです。

家庭でも携帯電話をメインで使っていると使う機会は減り、電話料金の基本料が無駄に思えてくるでしょう。その分を節約できるので、家計を楽にすることができます。

さまざまな商品やサービスの勧誘をする電話、さらに特殊詐欺などもリストを見て固定電話にかけてきます。

これらの電話がかかってくるケースは減りますから、安全性が高まるのはメリットです。

デメリットには社会的な信用度の低下、一部のフリーダイヤルが使えない、災害時に連絡手段が限られるなどです。日本では家庭に固定電話がないと不審がられるケースがあり、特に高齢世代では多くなっています。



また近年は携帯電話が普及したのでそれほど多くありませんが、ローンなどの審査にも影響すると言われてきました災害時には回線がパンクし携帯電話が使えないケースは多く、また停電すると充電もできません。基地局が被災すると普及するまで使えないので、災害時には不安が残ります。

固定電話を解約する流れ

固定電話の加入権を放棄し完全にやめるなら、解約を選びましょう。実際に解約するための流れは非常に簡単で、NTT東日本かNTT西日本のホームページで手続きをしたり、市外局番なしで116に電話をかけるだけです。

手続きで必要になる情報は、電話番号・契約者の名前・電話番号を使用している場所の住所・料金の支払い情報です。料金の支払い情報とは口座振替なら銀行口座、クレジットカードならカード番号などの情報になります。

電話の場合は116に連絡したあと完全にやめる意思を伝えて、必要な情報を伝えれば終わりです。

ホームページから手続きをする場合も基本的には所定のページで必要事項を入力すれば、加入権を放棄し完全に辞めることができます。

もし今後固定電話を使う可能性があるなら、一時中断や利用中止を選びましょう。一時中断は基本料は必要ですが再開後に同じ番号を使えて、利用中止は毎月の基本料を支払う義務がなくなり加入権を購入せず再開できます。

スポンサードリンク



格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホのメリットは、毎月の電話料金を安くできることです。名前のとおり大手キャリアと契約するより大幅に安くなるので、負担を少なくしながらスマートフォンを持てます。

また必要なプランだけを契約できるので、使わないサービスを契約することもありません。さらに大手キャリアなら当たり前の2年縛りよりも短い半年や1年の縛りが多く、乗り換えやすい特徴もメリットと言えるでしょう。

反対にデメリットは、キャリアメールが使えないことです。キャリアメールが使いたければ、無料で使えるフリーメールを使うのが一般的とされています。

通信速度に関しては遅くなるケースが多く、また通話料金に関しては大手キャリアより高くなる可能性もデメリットです。
大手キャリアはかけ放題のプランで通話が安くなりますが、格安スマホではオプションになるので、データ通信より通話がメインの使い方をしている人なら、却って料金が高くなる場合があることにも注意しましょう。

格安スマホの料金体系・キャンペーン事例

格安スマホの料金体系は、わかりにくく複雑だと感じる人も少なくありません。たとえば端末とSIMがセットになったプランもあれば、端末は自由に選べてSIMカードのみのプランもあります。

さらに電話もかけられる音声通話対応とデータ通信のみのプランもあり、使えるデータ量でも毎月の金額は変わってきます。
ですから申し込みをするなら、使い方に合わせて最適なプランを選ばなければいけません。

またオプションサービスを契約すると、携帯電話代に上乗せされるのも忘れてはいけません。格安スマホでは新規契約者を増やすため、キャンペーンも積極的に展開中です。

キャンペーンの内容は各社で異なり、指定のサービスと一緒に申し込みをしたらキャッシュバックが受けられたり、特定のプランにすると毎月の料金が割引されるなどがあります。

適用を受けると解約がしにくくなるなど細かい条件もあるので、細かい部分まで広告などを読み理解してから申し込むようにしてください。

スポンサードリンク