情報サイトMIRAI

交通費の計算式

交通費の非課税限度額とは

交通費の計算式
交通費の非課税限度額とは、給与所得者に毎月支払われる通勤手当の限度額のことを言います。

平成28年度には法改正によって、これまでは一ヶ月あたりの合理的な交通費の非課税額は100000円だったのに対して、150000円まで引き上げられました。

公共交通機関を利用していたとしても、15万円を超えてしまうと課税対象になってしまう点に注意が必要です。

ただし、通勤距離や有料道路では限度額は大きく異なっており、自動車や自転車などの交通器具を利用している場合、片道が2キロメートル以上10キロメートル未満の場合は一ヶ月の非課税額は4200円となっています。

非課税限度額が大きい場合は、一般的な公共交通機関や有料道路を利用している場合に限られる点に注意しましょう。



計算方法は最も経済的な経路と方法で計算されます。この計算方法は、基本的に企業で任意に行われ、場合によっては時間がかかっても経済的な経路を選ぶ場合もある点に注意が必要です。

自動車の交通費の計算方法の事例(自動車で片道9キロ・18キロのケース)

自動車の交通費の計算方法は、消費ガソリンの量を走行距離と燃費で除算して、消費量と単価を乗算することによって導き出すことが出来ます。

例えば、片道で9キロの事例であれば、燃費が9キロで1リットルの場合は一回の消費量は1リットルです。ガソリンの単価が250円の場合は一回あたり、250円の交通費が支給されます。

18キロのケースも同様で、燃費に応じて計算していくことが可能です。そのため、事前に通勤に使用する車の燃費や走行距離を計測しておく必要がある点に注意しましょう。

ガソリンの単価も状況によっては大きく変動する場合が多く、企業ではその月の平均値ではなく最安値で計算してしまうケースもあるので、単価が安い時にまとめて給油したほうが少しでも安く済ませることが可能です。

自動車の燃費も急ブレーキや急発進などを繰り返してしまうと悪くなってしまうことがあるので、費用を安く済ませたいのであればそれらは控えたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク



自動車の車種によってことなる燃費は交通費計算に考慮すべき?

自動車の車種によって大きく異なっている燃費は、交通費計算に十分考慮する必要があります。特にガソリンの消費量が多いセダンタイプや古い年式の車であれば、費用が高くなってしまうだけでなく車検などのメンテナンスの費用まで高くなってしまうことがあります。

結果的に交通費の支給が高額になったとしても、車検などで更にマイナスになってしまうこともあるのです。更に車種の中には、ガソリンではなく電気を消費するタイプのものもあります。計算も更に複雑になるでしょう。

このような場合は、なるべく自動車を使用しての通勤は控えて、公共交通機関を利用したほうが無難でしょう。公共交通機関であれば交通費計算も簡単ですし、燃費の良さにより支給額が変動することもありません。

また、公共交通機関は渋滞によって遅刻してしまうことも無く、課税対象になる限度額も大きく取られているので、支給される額が多くなっても税金で目減りしてしまうことも無いのです。

電車の交通費の計算サイト「ナビタイム」の魅力

公共交通機関の交通費計算サイトであるナビタイムでは、電車の乗り降りの駅を指定するだけで運賃を自動的に計算してくれます。

それだけでなく、一ヶ月あたりの運賃額を計測して、切符ではなく回数券を使用したほうがお得か、定期券を利用したほうがお得かを判定してくれるのです。

電車の切符の購入に時間がかかることを嫌う方は、予め定期券や回数券を利用して手軽さと交通費の割引を両立すると良いでしょう。

費用の計算結果は写真にすることも出来ます。またナビタイムでは、タクシーやバスの料金も自動的に計算することも可能です。渋滞予測や高速道路の料金なども知ることができるので非常に便利に利用できるでしょう。

パソコンだけでなく、スマートフォンのアプリとしても利用可能で、自動車を運転される方であれば、カーナビとしても利用可能です。交通に関係する殆どのコンテンツをこのアプリでカバーできるので、予めインストールしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク