情報サイトMIRAI

狭心症わかりやすい解説

狭心症とは

狭心症
全身に血液を送り出す心臓にも、冠動脈という血管が取り巻いているおかげで元気に動かすことができます。

血管がなんらかの原因で狭くなると、心臓を動かしている心筋に必要となる酸素や栄養を送り出すことができなくなります。

そのため酸欠の状態となり、SOSを発信しようとして胸に痛みが生じてしまうのが狭心症です。

階段をあがる時や重いものを持つと、胸が締め付けられるように痛くなったり苦しくなりますが、安静の状態では楽になるのが特徴です。痛む箇所は胸に限らず、みぞおちや肩、珍しいところでは歯が痛むこともあります。

時間は数分ほどと痛みを感じる時間は長くはありません。体に負担をかける動きは、体内に血液を送る必要があるため、結果的に心臓にも負担を強いてしまいます。



直ぐに酸欠状態となり、発作が起きてしまうのです。就寝中の時など安静にしていても、苦しくなることがあります。明け方頃に発症しやすく、血流の悪さから血管が痙攣を起こしてしまうのが原因です。

狭心症の前兆と症状

狭心症の症状であげられるのが、心臓発作です。胸やその周囲に痛みがあり、しばらくすると収まります。

痛みにもいろいろあり、首をかしげるほどのほとんど痛みを感じない軽い症状の人もいれば、刺すような強い痛みであったり、重苦しい圧迫感を感じる人もいます。

いずれも心臓の血管が狭くなることが原因によるものなので、自然治癒することはありません。狭心症にはいきなり発症するわけではなく、前触れというべき前兆があります。

脈が飛び飛びに起きたり、しばらく止まってしまう不正脈は、心疾患に直接関わるわけではありませんが前兆の1つとされています。

他にも心臓がドキドキと鼓動が早くなる動機も、原因とされていますので注意が必要です。運動不足でもないのに体が思うように動かないのも、酸欠状態による心臓が悲鳴をあげている状態です。

直ぐに息が上がったり回復が遅くなるなど、今まで感じたことの無いような違和感も気をつける必要があります。

スポンサードリンク



狭心症の検査方法・費用

心臓の検査といえば一般的なのは心電図ですが、狭心症の場合では心電図だけで判断をするのは難しいです。発作が起きる病気の場合は症状が出ていなければ、異常が見られないことがよくあるからです。

病気を確定させるには幾つかの検査を受ける必要があります。単独で受けるよりも心臓ドッグのように、一度にまとめて受診した方が費用も抑えられます。

運動負荷心電図は階段の上り下りなどの運動をするなど発作が起きる状況を再現します。心臓に負担がかかる状態での心電図を詳しく調べます。

他にも超音波で動きをリアルタイムで観察するエコーや、CTなども大きさや動きを捉えるので状態を調べるのに有効です。

1つ1つの費用は保険の適用で数千円から数万円ほどかかりますが、心臓ドッグにすればだいたい40,000円前後になります。

種類を増やしたり、受診内容によってはもう少し高くなります。心臓は重要な臓器ですから、受診できる機会があるのであれば足を運んでおきましょう。

狭心症の治療方法・費用

狭心症の治療には症状の重さに応じて薬物の投与、カテーテルかバイパスの手術があります。

手術が不要と判断されるほどのまだ症状が軽い場合は、心臓への負担を減らすために血流の流れをよくしたり、心臓の血管を広げる薬を飲みます。逆に薬を飲まないケースは稀です。

カテーテルは血管の血流を良くするための手術です。風船のような物を用いて狭くなった血管を膨らませ、金網のようなステントを使って元に戻らないように補強します。

バイパスの場合は血流の悪い血管を捨てて、別の流れの良い血管を代わりに繋げることで元どおりの血流にします。

手術の有無や内容に関わらず入院が必要となるため、治療にかかる費用は病院にもよりますがだいたい80,000円ほどはかかってしまいます。

手術自体は体に負担がかからないように進化しているとはいえ、場所が場所だけに絶対安静が不可欠です。年齢を重ねるほど心臓へのリスクは増えていくので、日頃の検診が大切です。

スポンサードリンク