情報サイトMIRAI

ねんきん定期便わかりやすい解説

ねんきん定期便とは

ねんきん定期便
ねんきん定期便とは、加入している人の誕生日に合わせて日本年金機構から毎年送付されてくる資料です。

送られてくる形式は年金に加入している人の時期で異なり、はがきと封書になるのが大きな特徴になります。

本人の誕生日に合わせて送付されてくる形式は、年代によって異なることはありません。資料に記載されている内容は、加入者の1年間の情報になります。

送られてくる資料で異なるのが、加入している人の年齢によって記載されている内容です。年齢が50歳に満たない人の場合は、今まで納付していた実績による年金の支給金額になります。



本人の年齢が50歳以上になる場合は、将来支払われる年金の支給見込み額に変更されているのも特徴の一つです。59歳や35歳などのような節目の年齢に当たる場合は、通常のはがきではなく封書を使い資料が送付されてきます。

記載されている内容も通常とは違い、加入してから現在までの全ての期間における年金の記録です。



いくらもらえるの?ねんきん定期便で見込み額の見方を確認する方法

加入している人の誕生日に合わせて日本年金機構からねんきん定期便が送付されてきますが、記載されている資料だけではなく将来受け取ることができる見込み額も確認することができます。

受け取ることができる年金の金額は、日本年金機構のホームページにアクセスすることで可能です。

将来支給される年金の金額を確かめることができる便利なサービスですが、利用するためにはねんきんネットに登録することが必要になるので注意しましょう。

ホームページにアクセスしなくても、ねんきん定期便を使えば確認することも可能です。確かめる方法は50歳を境に異なるので、注意することが必要になります。

50歳未満の場合は、確認する資料は日本年金機構から送付されてくるはがきです。はがきの最後にある加入実績による年金額で確認することができます。

50歳以上の人の場合は、基礎年金や厚生年金の合計した見込み額を資料で確認することが可能です。

それぞれに送付されて来るはがきには、ねんきんネットと呼ばれるサイトへのアクセスキーが記載されています。アクセスキーを使えば、自宅以外の場所でも様々な情報を閲覧することが可能です。

スポンサードリンク



老後の介護費用はどれくらいかかる?

国民年金や厚生年金などに加入している人でも、老後に必要な介護費用にいくら位貯めておけばよいのか不安になる場合が多くあります。老後に限らず若い世代に人でも、毎日生活していくためには一定のお金が必要です。

働いている現役世代の人は給料を受け取ることができますが、退職している高齢者では望むことができません。

働いてお金を受け取ることができなくなるため、老後に備えて貯えを増やしておくことが必要不可欠になります。老後に必要になるのは、食事などのような生活費に加え医療費などです。

高齢になってからも自宅で生活する人の場合でも、1000万円以上は必要になると言われています。自宅で介護を行うためには、住宅をリフォームしなければいけないことが少なくありません。

リフォームの度合いによっては、それ以上の費用が必要になることがあるので注意が必要です。介護施設に利用する場合は、入居時の他に毎月支払わなければいけない費用もあるので注意しましょう。

数千万円以上も必要になると言われているため、老後の介護費用を蓄えておくことが必要です。

老後の年金の不足額を補う年金保険とは

国民年金などだけでは、老後の生活費が不足してしまう場合があると言われています。厚生年金などは、加入している年数や支給されていた給料などに応じて金額が異なるのが大きな特徴です。

公的な年金の支給金額だけでは不足してしまうことがあるため、個人で積み立てている人も少なくありません。年金保険と呼ばれているもので、確定型や有期などに分けることができます。

終身などもあり、加入する時に支給される金額が決定している定額などもあるのが大きな特徴です。このような年金保険に加入しておくメリットは、公的年金では不足してしまう場合に備えておくことができることになります。

同じようなものでも、将来支払われ方に違いがあるので注意しなければいけません。確定年金のメリットは、加入している人が死亡した場合でも遺族に支払われる点です。

終身保険に加入しておくと、本人が生存している限り年金を受け取ることができます。一定期間だけ受け取ることができるのが有期年金ですが、老後の生活スタイルに合わせて選ぶことが大切です。

スポンサードリンク