情報サイトMIRAI

年金生活の計算

老後の生活費の平均・内訳

年金生活
老後をゆとりあるものにするためには、ある程度の生活費を確保していくことが必要です。一口に老後と言っても、夫婦や一人暮らしなどのように状況は様々になります。

夫婦で一戸建てやマンションなどを所有している場合は、平均的な金額は約26から28万円ほどになるのが特徴です。

金額の内訳は次挙げるようなものが主で、食糧費や交通費などが多き案割合を占めてきます。水道光熱費や医療費なども必要となるため、年金以外にも貯蓄などをしておくことが必要です。

一人暮らしの高齢者で一戸建てなどを所有している場合は、毎月14万円位が必要となります。

一人暮らしの場合でも、内訳の中で大きな割合を占めてくるのが食糧費です。交通費などは一人なので少なくなりますが、これら以外にも必要になることがあるので油断することはできません。



これらの金額は平均的な生活を送る場合を対象としているため、少しでもゆとりのあるものにするために増やすことが必要です。ゆとりあるものにするためには、生活費は一戸建てなどを所有する夫婦では約34万円以上になります。

老後の大規模出費事例(建物修繕費・耐震工事)

一戸建てやマンションなどを所有していれば、老後になっても生活する場所を心配することが少なくなります。自己所有の物件となるため、他人に気兼ねなく生活をしていくことも可能です。

一戸建てやマンションなどを所有していれば安心して生活していくことができますが、様々な出費が必要になるため油断することはできません。一戸建てを所有している場合でも、築年数の経過により様々な箇所が傷んでくるのが特徴になります。

マンションでも大規模修繕などを定期的に行うことが少なくないため、ある程度の金額を毎月積み立てていくことが必要です。

築年数が古い物件に住んでいる場合は、大きな地震などに備えるため耐震工事などをしなければいけません。

築年数が経過している建物では建築基準法が古いものに適応していることがあるため、倒壊や破損などの恐れがでてきてしまいます。老後を安心して生活するためには。建物修繕費はかかりますが耐震工事をすることも必要です。

老後資金の目標2千万円を貯めるための「iDeCo(イデコ)」とは

老後を安心して生活していくためには、年金以外にもある程度の資金が必要となります。自分で貯金などをしても貯めていくことができますが、難しいのがしっかりと管理していくことです。

生活を豊かにしていくためには、数千万円ほどの老後資金が必要になります。個人で貯蓄などをしていくよりも、確実に貯めることが可能になるのがiDeCoと呼ばれているものです。

この方法の大きな特徴は、定期預金などだけではなく投資信託や保険などを運用してくれることになります。自分に代わって知識の豊富な金融機関が運用してくれ、加入している人が60歳以降になると年金や一時金などとして受け取ることが可能です。

この方法でお金を貯めていと、資金の全てを所得から控除することができるのもメリットになります。

所得控除の対象になるため、節税をしながらお金を貯めていくことが可能です。個人型確定拠出年金と呼ばれているiDeCoは、毎月の掛け金が5千円からになっているのも始めやすい特徴になります。

スポンサードリンク



老後資金の目標2千万円を貯めるための「つみたてNISA」とは

老後の生活を安心できるものにするため、「つみたてNISA」を始める人も多くいます。この方法の特徴は、20歳以上になる日本人なら誰でも始めることができる点です。

定期預金などの貯蓄では、利子に課税されてしまうため受け取る金額が低くなってしまいます。金利自体も低い水準になっているので、長い年数が経過しても資金を増やすことがあまりできません。

利子に課税されてしまう預金などとは違い、非課税になるのが大きな特徴の一つです、貯蓄とは違い投資になってしまいますが、運用されて得られる利益には税金がかけられることがありません。

わずかな利子に課税されてしまう預金よりも、非課税の対象になるため老後資金を貯めやすくなるのがメリットになります。

一般的なNISAと違う点もあるので、利用進場合には注意が必要です。投資できる期間は新規で20年間となり、上限金額も40万円になります。投資できる20年間は非課税になるため、老後資金の確保に利用しやすいのがつみたてNISAです。

スポンサードリンク