情報サイトMIRAI

脳出血の症状

脳出血とは

脳出血
脳には毛細血管を含め無数の血管が張り巡らされていますが、様々な要因によって血管が耐えられなくなり破れてしまう事で脳内に血液が漏れ出してしまう病気を脳出血と呼びます。

血管から脳内に漏れ出した血液は血腫と呼ばれる血液の塊を生み出すのですが、血腫が直接的に脳に対して負担を与えますし以後大きくなったりむくみが生じる事によっても頭蓋骨の内部にて圧が強まります。

血腫が大きくなったりむくみが生じると正常な状態にあった脳に圧を加える事に繋がるので、脳機能にあらゆる障害が引き起こされるようになります。

世界中の医療機関で患者が受け入れられており、日本においては脳卒中に繋がる脳出血が占める比率は全体の20%とそう高くないものの、命に直結する重大な症状であるが故に初期症状を見逃さず、いかに迅速に普段とは異なる変調が感じられた際に医療機関を受診する事ができるのかが重要です。

また、迅速な処置により密接な関係性にある脳梗塞などの併発の予防にも繋げられます。



脳出血の前兆

脳内には頭部の全体に多くの血管が張り巡らされているからこそ脳出血が生じた部位により生じる前兆にも差異があり、運動神経が通っている錐体路に変調が生じると運動麻痺が引き起こされ体を思った通りに動かせなくなります。

そのため、錐体路にて出血が生じた場合出血が右脳であった際には左半身の手足に麻痺を覚えるようになりますし、左脳で出血が生じた際には右半身の手足に麻痺を覚えます。

そして大脳がダメージを負うと学習機能や言語機能、思考に障害が発生し特に言語機能においてはろれつが回らない様子になり考えた通りに言葉を発する事ができなくなったり、相手方が発している言葉の内容が理解できなくなります。

また全身に張り巡らされている神経も脳に通じているので、視床が出血した場合は体に巡らされている神経が正しく機能しなくなるため、冷温が感じられなくなったり痛みを感じなくなってしまい怪我や事故などの二次被害を起こしやすくなります。

スポンサードリンク




脳出血の後期の症状

脳出血は治療に着手するタイミングや漏れ出した血液の量などにより症状に変化が起こり、特に後期の段階で見られるのがくも膜下出血です。

脳は硬膜とくも膜、軟膜という3つの膜によって覆われておりくも膜下出血は名称からもわかるように、中間部に位置しているくも膜の下部の脳脊髄液という液体が満たされている部分にて出血が生じる症状です。

発症した多くの患者に見られるのは脳動脈瘤が破裂した事によって引き起こされるのですが、脳動脈瘤は一度破裂すると再び破裂しやすいという特性を有している上、与えるダメージも大きくて深刻であるが故に命を落としてしまう恐れもあります。

脳出血と言えば命に関わる事ではないという認識がもたれていたり、後遺症に繋がるリスクが小さいと考える事例が少なくないですが、出血が引き金となりくも膜下出血といった重大な病気が誘発されるリスクが大きく同様に脳梗塞のリスクも高いため、段階を追って正しい診断と治療を受ける事が重要です。

脳出血の予防法

脳出血は脳内に存在している血管に負荷が生じた際、負荷に耐えられず生じた裂け目から血液が漏れ出す事により発症するため、血管壁を含めた血管を強くし血液が漏れ出さないようにする事が根本的な予防法に繋げられます。

そのため、血圧が慢性的に高く推移している方は血圧を低く保つ事を最優先とする必要があるので、血圧を下げるべく生活習慣を見直す事から始めましょう。

生活習慣を見直す際には食生活も含めて考えていく事が大切であるため塩分を控えめにした食生活を意識しつつ飲酒や喫煙を控えたり、ストレスや肥満の解消に努める事が大切です。

一方の薬物治療では薬物の作用により血管を広げて血圧を低下させる血管拡張剤や、尿の量を増やし血液量を減量させる利尿剤や降圧剤など様々な薬剤が個々の症状に応じて投与されます。

薬剤治療は物理的に薬剤を体内に投与するという特性上即効性に長けており、著しく脳出血が発症するリスクが高い方に有効的な予防法です。

スポンサードリンク