情報サイトMIRAI

脳トラブル

脳腫瘍とは(初期症状・生存率)

脳腫瘍の症状
5年後の生存率が60%の脳腫瘍を発症した際に見られる初期症状は、日常生活を送っている中で見られる決して稀有ではない些細な不調が初期症状である事例が多く、特に多いのが頭痛です。

頭痛が生じて間もない頃は時折見舞われる痛みと変わらない様子ですが、時間の経過と共にこれまで感じた事が無い痛みに変化していく上に、緩和するどころか終日強い痛みが継続していき、以後数週間から数ヶ月間という期間にわたり症状が顕著になります。

そのような頭痛も影響し併発しやすいのが嘔吐であり、消化器系の調子が悪くなく健康的な状態を維持する事ができていても嘔吐してしまいますし、手や足といった末端にかけて力が入れられず物を持ったり掴むという事もままならない様子も見られます。

そして、嘔吐感が強くなるのは頭痛と共に目から入る視覚情報にも変化が生じてしまう様子が関係しており、目にした物が二重に見えたり歪んで見えるようになって嘔吐感が強まるため、視覚情報に変化が生じた際には脳腫瘍を疑いましょう。



脳動脈瘤とは(初期症状・放置した場合のリスク)

膿を包んでいる膜の内部にある血管が出血する事で発症する脳動脈瘤は、出血に伴い生じたコブに圧力が生じ破裂した結果発症します。

コブが生じる起因は個々によって違いがありますが、分岐点など血管の強度が比較的弱い箇所に生じる傾向があり、生じた場合は強烈な頭痛や意識障害、嘔吐が起こりまるで後頭部を物理的に殴打されたような強烈さであると表現されます。

患者の体に起こる初期症状で多いのは血圧に乱れが見られるという様子であり、発症する少し前から血圧が著しく高くなったり低くなるという状態が繰り返された後に発症という事例が多いです。

そのため、血圧は高い頻度で計測するように心がけつつ、発症時には強い痛みを感じる頭痛についても早い段階から目を向けておく事が大切です。

前段階において動脈瘤を起点として僅かな出血が生じたり、付近を通っている神経に物理的に圧を加える事により特徴的な痛みが起こるのですが、痛みは突如として起こりますし同時に物が2つに見えるといった視覚の変化もあり、視覚の異常にも気をつけましょう。

また、対処が遅れるほど生存率が低下するので速やかに変化に気づき対処する事が大切です。

スポンサードリンク



脳腫瘍・脳動脈瘤の原因・予防方法

脳腫瘍と脳動脈瘤が発症しやすい家系と発症しにくい家系に分かれているのは、原因として遺伝的な要素が大きい事が関係しています。

実際に発症している患者においては遺伝子の状態が健やかな様子とは異なっている事例が明瞭に確認されていますし、遺伝子は子に対して引き継がれる傾向にある事もわかっています。

また、家系に起因となる細胞を有している方が居らず家族の中で初めて発症したという事例では生活習慣やストレス、がん細胞の転移などの関係が深いです。

双方に共通しているのは脳への血管に負荷がかかり、コブが生じる事で血液がせき止められ血液量が減る事によって発症するという様子なので、生活習慣やストレスにより血管に負担が生じやすくとコブが発生しやすいため原因に繋がりやすくなります。

さらに、脳以外に存在していたがん細胞が脳に運ばれ転移する事により生じる事もあります。

こうした脳動脈瘤と脳腫瘍を予防するためには、高い頻度での血圧の測定を怠らないようにしつつストレスを抱えない生活とがん検診を受ける事が重要です。

脳腫瘍・脳動脈瘤の手術費用・入院期間

脳腫瘍や脳動脈瘤と診断を受け、手術の必要性が迫られた時には発症している原因に応じて用いる機器や処置方法が異なるため、原因に応じて用いる費用も変化していきます。

各々の病気は別々なものですが、共通しているのは脳を除いた体の部位に発生しているがん細胞が血液やリンパ液に乗って脳に運ばれ発症するという事例があるという事なので、がん細胞が関係している場合ではがん細胞を除去するための治療が施される様子から、費用は比較的高めに推移します。

一方、がん細胞が関係しておらず脳の血管のコブのみを除去するという場合は頭蓋骨を通過し、さらに奥にある血管のコブを除去するための摘出手術費用として72万円を要します。

また、早期発見に繋げられ軽度な状況下で快方を目指していく場合には、4日分の点滴代で21万円の治療費が発生します。

そして、手術とその後の経過観察のためには2週間から3週間の入院期間を要し、バイパス手術を行った場合は10日間から14日間の入院期間となります。

スポンサードリンク