情報サイトMIRAI

大人の休日倶楽部のおトク活用術

大人の休日倶楽部とは

大人の休日倶楽部
大人の休日倶楽部は、JR東日本が提供しているサービスで、旅やライフスタイルの提案を行っています。会員制のサービスで利用に入会は必要ですが、運賃や料金の割引に会員限定の特典がついてくるのが魅力です。

また、ビューカードの1つ大人の休日倶楽部カードを作ることで、初めてサービスが受けられるようになります。会員はミドル・ジパング・プレミアムメンバーと分かれていて、それぞれ入会に条件があります。

50歳以上の入会条件があるので、原則的に50歳未満の人は入会することができないです。

まさに大人向けですが、入会できればお得な特典が豊富に受けられるのは確かですから、条件をクリアして会員になりたいところです。

日頃からJR東日本を頻繁に利用する人であれば、年会費以上の特典を受けることが可能でしょう。外出をするのが楽しくなるサービスなので、宿泊ありの旅だけでなく、日帰り旅行やちょっとした遠出の際に、お得な特典が役立ちます。



大人の休日倶楽部ミドルとジパングの比較

大人の休日倶楽部には、男性満50歳~64歳、女性満50歳~59歳までのミドルプランがあります。こちらは、2,000円の年会費とカード年会費の500円で利用できるもので、初年度は無料で入会が行えるのが特徴です。

主な特典としては、JR東日本とJR北海道管内の鉄道利用において、201km以上の利用時に運賃が5%OFFになる点が挙げられます。

更に、会員誌や旅カタログが購読できたり、びゅうプラザ提供の旅行商品5%OFFもあります。他にも、ハイグレード車両に乗れる旅行や趣味の会の講座に、大人の休日倶楽部会員パスの提供も行われます。

国内外を問わない旅行傷害保険の付与もあるので、安心して旅行に出かけることができます。一方のジパングは、男性が満65歳以上で女性は60歳以上の加入条件が設定されています。

年会費は個人が4,170円で夫婦なら7,120円です。運賃の割引は、ミドルの5%OFFから30%OFFにアップしているので、お得感が違います。

会員誌の購読や旅行商品の割引にハイグレード車両の旅行などは、下位プランと共通です。

使わなきゃ損!大人の休日倶楽部パスの使い方

大人の休日倶楽部パスは、会員限定で提供されるフリーパスで、新幹線と特急列車を含む普通車自由席で何度も使えるものです。

普通車指定席でも6回まで利用可能ですから、かなりお得感があるといえます。JR東日本の全線は4日間乗り放題が15,000円、JR北海道全線を加えた5日間乗り放題は26,000円です。

JR北海道の在来線のみだと、5日間の乗り放題で料金は16,250円となります。利用期間は19年6月20日~7月2日、11月28日~12月10日と、20年1月16日~1月28日までと3回あります。

この内、連続する5日間だけ乗ることが可能で、指定席券売機やみどりの窓口、あるいはびゅうプラザやツインクルプラザで購入できます。

販売期間は19年5月20日~6月27日と、10月28日~12月5日、そして12月16日~20年1月23日の間です。大人の休日倶楽部パスは普通の乗車券のように使えるので、使い方に難しいところはないです。

スポンサードリンク



大人の休日倶楽部のキャンペーン事例

大人の休日倶楽部はこれまでに、アンケートで回答者に折りたたみ傘をプレゼントしたり、お友達の紹介でポイント付与のキャンペーンを開催しています。

期間中に対象きっぷの購入で参加できるキャンペーンでは、宿泊券のプレゼントを行う太っ腹ぶりです。また抽選ではありますが、マスカット・ベーリーAロゼのさくら2018という、お酒のプレゼントまであります。

過去に開催された事例としては、大人の休日倶楽部の入会で、素敵な商品と交換できるポイントの提供がありました。

1つあたりのプレゼントの内容は小さいですが、しかし数は豊富頻繁に、それも複数提供しているイメージです。手頃な年会費で受けられる特典が大きい上に、魅力的なお得の提供もあるので、実に至れり尽くせりの内容です。

小さな喜びをコツコツと積み重ねるような楽しみ方ができますから、JR東日本の狙い通りだといえるでしょう。応募してエントリーを行うタイプが多いので、こまめにチェックしたり忘れないように手続きを済ませたいところです。

スポンサードリンク