情報サイトMIRAI

脊柱管狭窄症の治療期間

脊柱管狭窄症とは(症状)

脊柱管狭窄症
中高年の方に生じやすいのが脊柱管狭窄症であり、臀部から足の末端にかけて痺れや痛みを引き起こす坐骨神経痛の要因になりやすい症状です。

発症する仕組みは椎間板ヘルニアと変性すべり症の他に椎間板や椎体の変形、椎間関節や靭帯が厚みを増してしまうといった加齢が深く関係しており、

変形や厚みを増してしまう事により神経が通っている脊柱管が狭くなってしまい病気を発症します。

脊柱管の内部を通過している神経が圧迫を受けてしまうと腰痛と下半身の痛み、痺れが感じられるようになり加わっている圧の様子が弱い場合は痛みや痺れも小さく問題無く日常生活が営めるものの、圧が強く加わっていると痛みや痺れが強くなりますし、筋力も低下し歩行する事もままならなくなります。



こうした脊柱管狭窄症で併発される事例が最も高いのが、しばらくの間歩行を続けていると足に痺れや痛みが感じられる上に、突っ張った印象で歩を踏み出す事ができなくなる症状であり、一時的に歩けないほどの状態になるものの腰を曲げて休むとすぐに回復するのが特徴的です。

脊柱管狭窄症になった「みのもんた」さんの医者の選び方(名医の条件)

朝と昼という1日に2度も生放送で司会を務めていたみのもんたさんはこれまで大きな病気をした事が無かったのにも関わらず、2005年の春に突如腰部に激痛を覚え直立している事さえできなくなりました。

生放送中に透明な椅子を用意するほどの痛みであったため、長年の付き合いがある大学病院の院長に相談し高い知識と技術を有している医師を3名紹介して頂き、原因の特定に務めたところ3人中2人が椎間板ヘルニアと診断したのに対し、残る1人は背骨の形が変わってしまった事による脊柱管狭窄症であると診断を下しました。

唯一脊柱管狭窄症であると診断を下した医師はアメリカから帰国したばかりで若手でしたが、ダイナミックかつスピーディーな説明に耳を傾けているうちに依頼する決意をし完治に向けて動き出した次第です。

しかも、みのもんたさんを担当した医師は自身が高い知識と技術を有している上に、決して自分1人のみで解決を目指そうとするのではなく、チームプレーで行っていく事を重要視していたため、頼もしく感じられ選定された所以です。

スポンサードリンク



脊柱管狭窄症のストレッチ方法

初期段階で速やかに適切な処置をしていない場合は歩行が困難になってしまう事例も稀有ではない脊柱管狭窄症は、個人的に行う事ができるストレッチにより緩和させたり完治を目指す事ができます。

効果的な方法は大きく2つに分ける事ができ、1つ目は頭を置く事ができるクッションを用意して仰向けになった後両手で両膝を抱え、抱えた両膝を少しずつ胸に向かって引き寄せていくという事です。

両手で両膝を引き寄せるという動きを10回ほど繰り返した後、すぐに楽な状態になれるように足元に足が乗せられる椅子を準備しておくと尚良いです。

2つ目の方法は脊柱管が広げられるアプローチであり、椅子に着座した後にゆっくりと前方に向かって上体を曲げていくという動作を3回繰り返しましょう。

上体を曲げる時には、腹部に丸めたバスタオルなどがあると支えになり曲げやすくなります。

さらに、軽度で痛みが感じなかったり完治が近づいている様子の時は仰向けになった後、右足の上に左足をクロスさせるというように捻る動作を加えると尚良いです。

脊柱管狭窄症の手術費用・治療期間

複数の手術方法がある中で人体への負担が軽く、治療期間と入院期間が短いのが内視鏡下手術であり入院期間は4日間から7日間で切開する部位も18ミリと小さいため、高齢の方であっても治療が受けやすいです。

そのような内視鏡下手術を選定し脊柱管狭窄症の手術を行った場合に要する手術費用は25万円から30万円なので、他の方法に比較した際に金銭的な負担も小さいという特徴があります。

また、切開する部位は18ミリという点で共通しているものの用いる装置がX線であるという点から差異があるのがTLIFという方法であり、切開した部位から内視鏡を通していき変形した椎間板を物理的に除去していきます。

取り除いた椎間板の位置に腰の骨から得た骨をケージという入れ物に詰め、痛みや痺れが発症しない健やかな状態になるように脊椎を形成します。

TLIFの治療期間は10日間から14日間の入院期間を要し、手術費用は60万円から70万円ですが自身の骨で形を形成し直すので、不調が生じず根本的な解決に結び付けられます。