情報サイトMIRAI

消費税の仕組み(軽減税率・計算方法)

企業が国に納める消費税の計算方法(売上・仕入れ・接待交際費)

軽減税率
一般の人向けの日用品を販売している会社や料理等を提供している飲食店は、会計の際のサービスを利用したり、物品を購入した消費者から消費税を受け取ることになります。

会計の際の受け取った税金は、企業が消費者に代わって国に治めることになるので、確定申告の際に計算して納税額を納めることになります。

実際に税額を算出する際には、売上金額と一緒に受け取った税額から、企業が仕入れのために支払った分の税額を差し引いて算出することになるので、計算は複雑になるでしょう。

正確に金額を計上していかないと、無駄に大きな税金を支払ってしまうことになったり、納税に不足が発覚して後から追加で支払いが必要になってしまうこともあります。



わかりにくい部分としては、企業の経費の中の接待交際費については、消費税が課税されることになるので、見落としに注意が必要です。

店舗数が多い企業の場合には、売上金額をトータルするにはかなりの手間と時間が必要となるので、確定申告の時期に慌ててしまうことが無いように事前に準備を進めておくことが必要です。



消費税の軽減税率とは

現在の消費税額は8パーセントですが、今後2パーセントも増加して10パーセントになるので、一般家庭にはおおきな打撃となることでしょう。

税率が上がることで、消費を差し控える動きをとる人も多くなることから、景気が冷え込むことも予測されています。これまでよりも一気に税負担が増えることになるので、国は軽減税率の制度を創設しています。

一般家庭が消費することが多く、無くてはならないものである、飲食料品については、これまでと同様に軽減税率が適用されることになります。

品目によって、課税されることになる税額が異なってしまうことから、商店で販売されている商品の表示価格は複雑なものとなってしまうでしょう。

店内飲食をすることが出来るものとテイクアウトのものを一緒に取り扱っている企業の場合には、複雑になりますが、10パーセントと8パーセントの二種類の価格表示をすることが必要となってしまいます。

税込み価格をわかりやすくするために、総額を同じに設定して、本体価格を変える企業なども現れることが考えられます。

スポンサードリンク



消費税の軽減税率の対象品目の具体的事例

消費税の増税に伴って適用されることになる軽減税率の対象品目は、飲食料品と新聞となります。飲食料品の具体的な例としては、食品表示法で決まっているものを挙げることができ、お肉やお魚、野菜や果物などです。

お菓子は飲食料品に含まれることになりますが、酒類は軽減税率の対象とならないので、アルコール消費量が多い家庭にとっては、増税による家計への打撃は大きなものとなります。

飲食料品は対象となりますが、レストランやファーストフード店で外食をする場合の費用は対象とならないので注意が必要です。

その場で食事提供サービスを受ける場合には、10パーセントとなりますが、テイクアウトで持ち帰る場合には、軽減された8パーセントが適用されます。

もう一つの対象品目として新聞がありますが、具体的には定期購読している新聞が対象となります。コンビニエンスストアや駅の売店などで販売されているような新聞は軽減の対象に含まれないので注意が必要でしょう。

税理士の選び方(実績・初回相談の確認ポイント


普段あまり税理士事務所との接点がないという人の場合には、良い事務所の選び方がわからないという人が多いでしょう。

税務関係の専門家である税理士にも得意としている分野があるので、自分の依頼したい内容に応じて、実績がある事務所を選ぶことがポイントとなります。

企業が消費税に関して相談をしたいという時には、消費税法分野を得意としている先生に相談すると、適切なアドバイスを受けることが出来るでしょう。

初めて相談を持ち掛ける場合には、確認すべきポイントを整理しておくことが重要となります。

初回相談の時点では正式に業務を依頼していないことが多いので、具体的な報酬金額を明確にしておくことが、後々のトラブルを防ぐためには重要です。

また、質問すべき内容をきちんと整理しておくことも必要であり、限られた時間を有効に使うことが出来る様になります。最初の段階では、自分と事務所の先生との相性を見極めることも重視したほうが良いといえます。

スポンサードリンク