情報サイトMIRAI

手取り計算シュミレーション

額面と手取りが異なる原因(住民税・所得税・社会保険)

手取り計算
学生のうちはあまり実感のないことですが、社会人になってお給料をもらうようになると、いわゆる給与の額面と実際にもらえる手取りの金額に差があることに気づきます。就職の時の説明では月額いくらと言われていたのに、「少ないな」と感じて不審に思った方も多いかもしれません。

しかし、会社から支給されていた全額を従業員が手にできるわけではなく、実際にはそこから各種の税金が引かれるため、差額が生まれてくるのです。

具体的には、住所のある自治体の住民税、それに国税である所得税、そして各種の社会保険などが差し引かれます。

所得税や住民税は自治体により、またその人の総収入で多少税率が異なるため一概には言えませんが、およそ収入の1割から2割程度引かれるものと考えましょう。

また会社が半分負担してくれるとはいえ、厚生年金の支払分も差し引かれます。さらに会社によっては、各種の積立金などを引かれていることもあり、結果として手元に残るいわゆる「手取り額」というのは給与よりも低いものとなるのです。



手取り25万円稼ぐのに必要な給与の額面は?(年収シュミレーション事例)

先述のように、給与の額面より手取り額が少なくなってしまうことは事実です。つまり会社から支給される額が20万円だとしても、実際には手元に残るのはもっと少なくなってしまいます。

それでは逆に、手元に残るお金を25万円にするためにはどのような収入が必要なのかということを、年収シュミレーションという形で計算してみましょう。

大雑把に給与の額面が30万円だとすると、社会保険料や雇用保険、それに住民税と所得税を引いただけで残るのが23万円程度となり、これではやや足りなくなってしまいます。

実際にはボーナスという形で入る場合もありますし、住民税の税率が住んでいる場所によって異なることもあるので、少し余裕を持って必要な給与は32万円となるでしょう。

年収で言うと400万円前後あれば、手取りで25万円得られることになります。ただし、社外で副業などを行っている人の場合は、これに加えてさらに税額が上がるため注意が必要です。

スポンサードリンク



サラリーマンの基本的な課税所得対策(扶養控除)

サラリーマンは自営業などと違って経費を自由に使えるわけでもないため、いわゆる節税のための手段がそれほど多くはありません。基本的には税金は収入ではなく、所得にかかってくるものですので、この課税所得をなるべく少なくするというのがポイントになります。

サラリーマンにとって最も基本的な課税対策は、扶養控除の活用でしょう。扶養控除とは、扶養している家族の人数によって所得から控除を受けられる制度のことです。

配偶者や子供、親族などが当てはまりますが、もちろんこれ以外に条件が存在します。自分自身が生活を共にしていることや、相手の収入がない、もしくは非常に低いといった事をクリアしていなければなりません。

例えば奥さんがパートに出ている場合、扶養の範囲内で収まるように収入を調整したりすると、控除によって税額が減り、結果的に手元に残るお金が増えるということがあります。こういったことを知っておくと、資産を増やす上で有利になるため覚えておくと良いでしょう。

多忙なサラリーマンでも可能な副業は?

不動産投資の魅力 サラリーマンは急に手取り額を増やすのが難しいものですし、扶養控除以外で大きく税額を減らすことも困難です。そのため、自由になるお金を増やしたいと思った場合には、副業を行うというのが最も効率的でしょう。

とはいえ、いわゆるダブルワークで週末にアルバイトをするというのはあまり現実的ではありません。体力に限界もありますし、副業に熱中するあまり本業の方に支障が出てきては本末転倒です。

そこで、自分自身はあまり動かなくても良い不動産投資という選択肢があります。収入の安定しているサラリーマンであれば借入も可能ですし、小さな一軒家やマンションを一部屋という、小規模から始めればリスクも少なくて済む投資方法です。

家賃収入をそのままローンの返済にあてていれば返済後に物件が自分のものになりますし、何より自分自身の時間や労力を使わなくてもよい、というのがメリットとなります。

もちろん投資ですのでリスクは存在しますし、しっかりとした事前の調査は欠かせません。賢く不動産投資を行うことで、生活にゆとりを持たせることができます。

スポンサードリンク