情報サイトMIRAI

手紙の書き方

手紙の「書き出し」「結び」とは

手紙の書き方
手紙は様々なもので構成されており、それをしっかりと理解して利用することがとても大切なことになります。

きちんと使うことができることで、相手の印象も良くなるので覚えておきましょう。

書き出しとは書き始める言葉である前文と呼ばれる、頭語と時候のあいさつのことです。頭語は拝啓や前略、時候のあいさつは季語のあいさつや相手の健康を確認する言葉になります。

そのため書き出しはほとんど定型文となっているので、ある程度のバリエーションを覚えておくことが大事です。

結びとは手紙の主文の後に書く、結びの言葉と結語のことになります。相手の健康や変わらない厚誼などを願う文を書き、敬具や早々などと書くものになります。



こちらもどのような場面でも同じようなことになるので、いくつかのバリエーションを覚えておくと使い分けることが可能です。このように分の始まりと終わりはある程度決まっているので、わからない場合は例文などを参考にすると安心です。

手紙の例文を参考にする際の注意点

手紙を書く際には基本の形があるとはいえは、前文や末文をそのまま使っては大きな間違えをしてしまうことがあるので注意が必要です。

頭語と結語では決まった組み合わせがありますが、相手や内容によって使う言葉も変わってきます。一般的なものであれば頭語は拝啓でいいですが改まった場合や目上の人に送る場合は謹啓とするなど、例文の通りにするのではなくしっかりと相手や場面を把握して使う言葉を選ばなければいけません。

また時候の挨拶も重要なもので、基本的には自分で感じたその時の季節感を書くことになります。しかし場合にはよってはこれは不要なときがあり、それがお詫びの手紙を書く際になります。

これは申し訳ないという気持ちを伝えることが大事で、すぐに本題に移ることが重要です。

同じようにお見舞いの場合も、相手の体調を気遣う気持ちを伝えるようにしましょう。このゆに例文だけを意識して書いてしまうと、場面と内容が合わないことがあるので気を付けなければいけません。

スポンサードリンク



横書き・縦書きによって異なる手紙の書き方とは

手紙には縦書きと横書きがあり、それによって使う場面や書き方が違ってくるのでそれをしっかりと把握しておくことが重要です。

まず縦に書く際には改まったものや目上の人に送る場合に適しており、ちょっとしてお礼状や友人などの親しい人に対しては横に書いても問題ありません。

基本的な構成は前文に主文、末文に後付けになりますが副文の使い方が異なるので気を付けましょう。

副文は後付けの後に主文で書きそびれたことを追加で書くものであり、追伸などと書いてから書き始めます。その際に重なるイメージがあるので弔事やお見舞いなどの際には避けるようにして、また目上の人に当てる場合も使用しないことがマナーです。

このようなことがあるので副文を書く場合には、親しい人に宛てた場合にするのが一般的です。縦書きの場合には改まった場面や目上の人に宛てるため避けて、横書きは親しい人に向ける手紙なので追伸なども書いていいということになります。このような書き方の違いがあるので、押さえておくことが大切です。

ビジネスの手紙を書く際の注意点

ビジネスで手紙を書く場合には、一般的な書き方とは構成が違っているのでその点に注意しなければいけません。基本的には横書きで文書を作成することになり、縦書きは一般的ではありません。

書き始めは前付けというものがあり、日付に宛名そして署名を行うことになります。また縦書きの場合には末文の後に後付けを記入します。そして文書の件名としてタイトルを書き、そのあとに前文に主文と続いていきます。

前文ですがビジネスの場面ではお詫びの挨拶は基本的に使用せず、社内向けの物の場合は前文自体をすべて省略するので押さえておきましょう。

末文も社内に対しての物であれば基本的に不要であり、何かの出欠を取る場合は返信期日を記載しておきます。要件の詳細などがある場合は別記で、書き出しを記として日付や場所などを箇条書きすることになります。

このように手紙を書くにしても場面によって構成が変わったりするので、どのようなものが必要になるのか知っておくことが重要です。

スポンサードリンク