情報サイトMIRAI

予防接種スケジュール

予防接種とは

予防接種スケジュール
予防接種とは病気を予防するために、病原菌やウイルスなどを摂取することです。

生き物は一度かかった病気には抵抗ができ感染をしづらくなるため、本格的な感染をする前に摂取をしておくことによって感染の予防をすることができます。

それではなぜわざと病原菌やウイルスを体内に取り込むのに、重大な症状を発症しないのかと言えば、毒素を弱体化させたものを摂取するので抵抗を身につけつつ、大事にはならないためです。

中には完全に死んでいたり、不活性化されているものもあります。

名前の通り予防のために行うものであるため、すでに感染をしている状態では効果がありませんが、社会全体で行えば伝染病の予防につながるので非常に効果的です。



どのような病気も発症してから治療をするのは大変ですが、感染をしなければ治療をする必要もなくなりますから、治療をする側の負担も受ける側の負担も少なく、非常にコストパフォーマンスが高いため多くの国で実施されています。

主要なワクチンの種類・受ける年齢

ワクチンには様々な種類があり、受ける年齢も異なります。主要なものとしてはB型肝炎があり、これは0歳時の頃に行うものです。
0歳の内に3回摂取をするものとなっています。

四種混合・三種混合・ポリオは0歳から摂取できるもので7歳頃まで対応をしています。麻しん風しん混合は1歳から受けられるので、その他の同時にできる予防接種と合わせると手間がかからず病気の予防にも繋がり安心です。

任意で受けるものにはインフルエンザがあり、これは必ずしも絶対に受けなければならないということはありませんが、インフルエンザは抵抗力の弱い子供がかかると大変です。

6ヶ月から可能で、大人も対応をしているので感染予防に役立ってくれます。多くの場合には生後すぐあるいは1歳から2歳ぐらいの間にするものばかりですが、HPVのようにある程度の年齢に達してから行うものもあります。

これは小学校6年から高校1年の女子に行われるワクチンとなっています。

スポンサードリンク



便利なアプリ!「予防接種スケジューラー」の機能

予防接種スケジューラーは便利な機能盛りだくさんのアプリですが、名前の通り予防接種のスケジュールがわかりやすく表示をされているので、いつどのタイミングで予防接種をすれば良いのか簡単に管理をすることができます。

今月可能なワクチンを一覧表示、今どのようなものが受けられるのかを一目で知ることができるので、自分で調べて何を受ければ良いのか考えることはありません。

ワクチンに関する詳細な情報を知ることができるので、リスクやリターンに対して事前に知識を身に着けておくことができます。

予防することができる病気に関する情報も合わせて知ることができますから、ワクチンの必要性を理屈で理解できるのは便利なところです。

今までは受けなければいけないから、そのようなものだからと受けていた人も多いのですが、予防接種スケジューラーを使えば受ける意味を理解した上で予防接種をすることになるので、安心して頭で納得した上で受けられます。

予防接種を受けるメリット・デメリット

予防接種を受けるメリットはなんと言っても感染の予防にあり、重大な症状を起こす病気にならない、感染をしても症状を最小限に抑えることができるというものがあります。

一昔前までは死に直結する病気でも、現代であればそもそも感染をすることがなく、うつっても症状は軽微で現代医学によって治療が容易なレベルまで抑え込むことができます。

このように非常に大きなメリットがあるわけですが、必ずしも良いことばかりではありません。

デメリットとしては、予防接種によって健康に悪影響が及ぶ可能性があるということです。絶対に安全というものではありませんし、個人の体質もあるため中にはワクチンを接種したことで健康に悪影響が出てしまったということもあります。

これは接種をすることによるリターンとしない場合の感染リスクを考えて、接種したほうがプラスであるという結果行われるものですから、わずかながらでもリスクがあるというのはデメリットのひとつになります。

スポンサードリンク